所沢市・狭山市・川越市周辺の注文住宅なら建築家とつくる高性能なデザイン住宅
カタログを請求する

カタログを請求する

平屋 相談会

平屋 相談会

中庭&ガレージハウス

中庭&ガレージハウス

狭小住宅という選択肢

狭小住宅という選択肢

カタログを請求する

カタログを請求する

平屋 相談会

平屋 相談会

中庭&ガレージハウス

中庭&ガレージハウス

狭小住宅という選択肢

狭小住宅という選択肢

【2024年も人気】「平屋」が住宅トレンド。物価高騰している中で、なぜ平屋を建てる人が増えているのか?

家づくりノウハウ
公開日:2024.01.15
最終更新日:2024.05.21
アップルホーム/R+houseの家づくり写真
アップルホーム/R+houseの家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2024.01.15
最終更新日:2024.05.21

【2024年も人気】「平屋」が住宅トレンド。物価高騰している中で、なぜ平屋を建てる人が増えているのか?

「平屋」が住宅トレンド
【2024年も人気】「平屋」が住宅トレンド
2023年、平屋の魅力が再認識され、住宅のトレンドとしては「平屋回帰」の流れがありました。 
2024年埼玉県でも引き続き、平屋を購入検討される方が増えており、平屋相談をお受けする機会が増加しております。
改めて、さまざまな選択肢がある中で、なぜ平屋が人気なのか。
今回は、以前ご紹介した平屋の魅力やメリット・デメリットを復習するとともに、これから検討していきたい方に役立つ注意点や快適性を高めるポイント、人気の平屋住宅の間取り実例を解説します。

目 次

今、なぜ平屋が選ばれているのか。
それは、平屋ならではの特徴が、多くの人にとってメリットになりやすいからだと考えられます。
具体的に、どのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

平屋ならではのメリット

階段がなくバリアフリーで暮らせる

平屋には2階がなく、すべての部屋が同じ高さにあります。寝室、リビング、ダイニング、キッチン、浴室、玄関、トイレ・・・・
と生活に必要な部屋や設備がワンフロアにあり、どこにでもスムーズに移動することが可能であり、昔ながらの古い日本の家屋は、平屋でも段差があるのが通常でしたが、段差が大きいと高齢になった時に負担が大きく、その環境が原因で介護・介助などの負担も大きく、永く住み慣れ親しんだ家での暮らしを諦めざるを得ない人もいます。 
現在は、玄関框の段差もなるべく少なく、フラットに近いカタチにして、段差が一切ないようにリフォームをされる方もいらっしゃいますが、そういった長い目でバリアフリーを意識した家もたくさんあります。
平屋の場合、バリアフリーに設計しやすい点魅力で、家族や自分が高齢になった時のことを考え、快適な住まいを求める人に選ばれやすいカタチであることが大きなメリットと言えるでしょう。
アップルホーム/R+houseの家づくり写真

間取りの自由度が高い

平屋の場合、2階建てに比べると構造上の制約が少ないため、間取りの位置を自由に設定しやすいです。
水回りを集中させて家事動線を楽にしたり、リビングを中心に、家族それぞれの希望や好みを考慮した間取りを叶えやすいです。
そうした事で家への愛着も深まることでしょう。
2階にあがる階段スペースが必要ないため、その分の建物面積を抑えやすくなります。
アップルホーム/R+houseの家づくり写真

地震や台風に強い

一般的に、地震や台風の影響でよく揺れるのは、高い建物です。
平屋は重心が低いため、地震の揺れや台風による強い風が発生したとしても、2階建てや3階建てに比べると大きく揺れることはありません
地震は、家屋に強い衝撃を与えることがあります。代表的な被害は、外壁のひび割れ(クラック)です。
平屋の場合、地震で受ける衝撃は他と比べると少なく、クラックが起こりにくい点が挙げられるでしょう。
 

メンテナンス費用が安い

アップルホーム/R+houseの家づくり写真

家は定期的なメンテナンスが必要です。
築年数が多ければ多いほどメンテナンスの必要性も増してきますが、新築の場合も10年後や20年後には多額を要するメンテナンスが必要になってくるのが一般的です。
規模の大小はありますが、大きな面積をメンテナンスする代表例として、屋根塗装や外壁塗装が挙げられます。
平屋の場合、2階建てや3階建てに比べると足場を高い位置まで組む必要がなく、作業ができる可能性もあります。
屋根塗装や外壁塗装はその面積に応じて、まとまった額の出費が発生します。
平屋の場合は費用負担が少なくなる可能性があるのです。
 

生活動線や家事動線が効率的

アップルホーム/R+houseの家づくり写真

平屋は水回りを集中させるなどして、効率的に動ける空間をつくりやすいことから、家事にかかる手間を少なくすることも可能です。
小さなお子様を育てる世帯だけでなく、日々忙しく仕事を頑張る共働き世帯や高齢者の方がいらっしゃる家庭にもメリットを感じやすいポイントです。

掃除がしやすい

アップルホーム/R+houseの家づくり写真
2階、3階の家と比べた時に、お掃除の負担も見逃せません。掃除機を各階に持って階段を上り下りする負担や、水栓が各フロアにあるとは限りません。
平屋の場合、ルンバなどお掃除ロボット1台でワンフロアを掃除してくれますので、2階・3階より掃除がしやすいと感じる方がとても多いのも特徴です。
些細なことだと思われるかもしれませんが、実際に生活をしてみるとその違いを実感する場面は多々あるでしょう。

平屋のデメリット

プライバシーに配慮が必要

平屋は、ワンフロアにリビングやそれぞれの個室があるため、家族間でのプライバシーの確保が難しい場面もあります。
2階建ての場合は、両親の部屋やリビングを1階におき、2階は子ども部屋にするケースも珍しくありません。しかし、平屋の場合はそのような部屋の配置ができなくなります。
年頃のお子さんがいる家庭や、夜間勤務など生活時間が他の家族と違う人がいる家庭では、できるだけ自室でくつろげるような配置の工夫も必要です。
さらに、平屋の場合は道路を歩いている人の目線と同じくらいの位置で過ごすこととなり、環境によっては通行人から家の中が見えることも懸念されます。(2階建てでも、1階で過ごす際に道路からの視線を気にされる方は多くいらっしゃいます。)
なので平屋でも、2階建てでも、周囲の環境を考慮し窓の位置や高さなど工夫したり塀などで目隠しをすることも検討しましょう。
 

入念な防犯対策が必須である

平屋に限らず防犯対策は重要ですが、2階建てや3階建てに比べると平屋は不審者に狙われやすいと言われています。
空き巣や強盗などの被害を極力回避するためにも、防犯対策はしっかり考えておきましょう。
具体的な例として、窓の配置で建物の死角に位置する窓は小さくする、大きな窓は2重にする事はもちろん防犯ガラスにするなどがあげられます。
なぜなら、空き巣などの侵入窃盗犯は、半数以上が窓から侵入することが分かっているからです。(しかも、通りから死角に位置する窓が特に多い)
防犯フィルムを貼る、面格子を設置する、補助錠をつけるなど、窓にできる防犯対策はたくさんあります。
窓以外の対策として、センサーライトの設置や防犯砂利の活用、セキュリティシステムの導入なども検討してみてはいかがでしょうか。
 

通風と採光を工夫しなければならない

日当たりや風通しは、気持ちよく過ごすために不可欠な要素です。
※平屋は建物の中心部分に日が入らないケースもあります。
陽当たりよく広い土地での平屋なら、こうした問題は気にならないことも多いですが、周囲が建物に囲まれている様な密集地の場合は注意した方がよいでしょう。
隣接する建物の高さや距離によって、風通しや日当たりが悪くなるケースもあります。
これから土地の購入もあわせて行う場合は、時間帯や季節の変化も踏まえたうえで通風や採光の確認をおすすめします。
 

洪水や浸水に弱い

近年は、大雨によって地域一帯が浸水するなど、自然災害のリスクが他人事ではなくなりました。
台風や大雨、津波など、床上まで浸水するような状態に陥ったとき、平屋では「高い場所に避難する」という選択肢が外部に出ていく他ありません。(2階がないので・・・)
できる限り洪水・浸水の被害に遭わないために、ハザードマップを確認するなどしてリスクの低い場所を選びましょう。
 

広い敷地が必要になる

平屋で快適な住まいを実現する場合、十分な生活スペースを設けるために広い敷地が必要です。
建物の他、駐車スペースや駐輪スペースなどのスペースも考慮が必要です。敷地面積は広い方が満足度の高い暮らしとなるでしょう。
しかし、都市部は地価が高いため、敷地面積を広くとるよりも限られたスペースで2階建てや3階建てを建てる方が主流です。
土地代への費用負担が嵩んでしまうと、家屋にかける予算が少なくなるといった問題も生じてくるでしょう。
アップルホーム/R+houseの家づくり写真

「平屋」と「2階建て」で迷った際の比較方法

平屋にしようか、それとも2階建てにしようか迷ったときは、以下のポイントを比較し判断してみてはいかがでしょうか。

2階建ての坪単価との違い

坪単価とは、1坪あたりどのくらい建築費がかかるのかを示す指標です。
1坪の広さは約3.3平方メートル(㎡)。平屋と2階建てでは、坪単価が違ってきます。
結論から言うと、平屋の坪単価は2階建てよりも高くなる傾向にあります。なぜなら、基礎や屋根の面積が平屋の方が大きいからです。
しかし、2階にあがる階段がないことや、後のメンテナンスにかかる費用のことを考えると、坪単価だけを見て判断するのは早計です。
坪単価は割高だったとしても、メンテナンス費用など長い目で見た時に、その差が生まれないことも多いでしょう。
坪単価について気になる方は、工務店等の担当者に尋ねてから検討されることをおすすめします。

ここからは、2階建てのメリットとデメリットも踏まえて比較してみましょう。

平屋と2階建てのメリットで比較

平屋のメリット
階段がなくバリアフリーで暮らせる
間取りの自由度が高い
地震や台風に強い
メンテナンス費用が安い
生活動線や家事動線が効率的
掃除がしやすい
2階建てのメリット
敷地が狭くても広い空間を確保しやすい
外から2階が見えにくい
家族間でのプライバシーを確保しやすい
浸水が起こっても2階に避難できる

以上から分かるように、平屋と2階建てのメリットは大きく異なります
どのくらいの広さの土地を確保できるかという点が大きく左右するかもしれませんが、それぞれのメリットを比較して住まいに最も求める点は何なのかを考え選ぶのもよいでしょう。

平屋と2階建てのデメリットで比較

平屋のデメリット
プライバシーに配慮が必要
入念な防犯対策が必須である
通風や採光の工夫をしなければならない
洪水や浸水に弱い
広い土地が必要になる

2階建てのデメリット
動線が複雑で無駄な動きが発生する可能性がある
階段を上り下りしなければならない
メンテナンス費用が高くなる傾向にある
完全なバリアフリーは難しい

以上のことから分かるように、平屋と2階建てのデメリットもまるで異なります。 
家は、これから長い時間を過ごしていく場所であることも踏まえて、検討していく必要があるでしょう。
 

平屋を選んで後悔しないための注意点と失敗を防ぐポイント

平屋を選んで後悔することのないように、あらかじめ失敗を防ぐポイントや注意点について紹介いたします。

建ぺい率を考慮して平屋の大きさをイメージする

建ぺい率は、土地のうち建物が建てられる坪数の割合のことを指します。
土地の面積ギリギリの広さで家が建てられるわけではないのです。
例えば、建ぺい率が60%で50坪の土地がある場合、実際に建てられる上限は30坪までとなります。
平屋の場合、2階建てや3階建てとは違い、建ぺい率で求められる坪数がそのまま延床面積に値します。
建ぺい率についての理解があると、土地を購入したあとで「もっと大きな平屋になると思ったのに…」と後悔せずに済むでしょう。

十分な防犯対策をする

平屋のデメリットで解説したとおり、防犯対策は必須となります。
工務店の方と相談しながら、周辺の環境を踏まえて適切な防犯対策をしていきましょう。

間取りの工夫や天窓で採光と風通しを確保する

周囲の環境によっては、どうしても風通しや日当たりが十分でないことも考えられます。
屋根につける天窓という選択肢もありますが、雨漏れのリスクが高まる事も理解した上で検討しましょう。
その他には、中庭を設けるという方法も有効です。その場合には、中庭に対してカーテンやロールスクリーンなく開放的に過ごせる場合もありますので、間取りについて工務店の方と相談しましょう。

平屋の施工実績が豊富な工務店・ハウスメーカーを選ぶ

工務店・ハウスメーカーを選ぶ際は、平屋の施工実績をよく確認しましょう
これまでに多数の実績をもつ会社なら、要望を聞いてくれたうえで最適なアドバイスや選択肢を提示してくれます。
平屋には、平屋の良さとそうでない部分があります。
デメリットに感じやすい部分も、工夫次第でさほど問題にはならなくなる可能性があり、そのためには実績豊富な専門家のアドバイスが不可欠です。
 

人気の平屋住宅の間取り実例

実際に平屋の住宅を建て理想の暮らしを送られている間取りの実例を見ていきましょう。
アップルホーム/R+houseの家づくり写真
アップルホーム/R+houseの家づくり写真

まとめ

今回は、人気の平屋のメリットや注意点、実例の間取りを紹介いたしました。
平屋の良さや魅力が再認識されている今、改めてそのメリットとデメリットを整理して検討してみましょう。
人生100年時代と呼ばれる現代は、老後の暮らしも考えた家が注目されています。
後悔のない家づくりをするためにも、弊社の平屋相談会で平屋を建築する為の土地や間取りに対しての考え方や見学会などで体験し、平屋事例集など参考になる資料を手にして頂ければ幸いです。
アップルホーム/R+houseの家づくり写真

>>平屋相談会や見学会はこちら

>>平屋のメリット・デメリットについてはこちら

#平屋 #注文住宅 #新築 #R+house #相談会 #個別相談 #家づくりの基礎知識 #事例紹介 #工務店

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

アップルホーム/R+houseの家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.06.08

【2023年版】川越市の土地価格の相場は?価格推移も予想!注文住宅におすすめのエリアも紹介

アップルホーム/R+houseの家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.06.08

「平屋回帰」が住宅トレンド!!平屋の特徴メリット・デメリット

アップルホーム/R+houseの家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.07.05

建築家ナカノ ハジメ氏と創る"平屋住宅"の魅力を体感!

アップルホーム/R+houseの家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.06.08

四号特例縮小法案が2022年4月22日に国会に提出されました。

前へ
「分譲住宅」と「注文住宅」どっちがいい?4つの違いとおすすめタイプをご紹介
【注文住宅】埼玉県で建てるガレージハウスとは?
メリット・デメリット・抑えておくポイントをご紹介
次へ
「分譲住宅」と「注文住宅」どっちがいい?4つの違いとおすすめタイプをご紹介
【注文住宅】埼玉県で建てるガレージハウスとは? メリット・デメリット・抑えておくポイントをご紹介

おすすめの施工事例
こだわりの理想のマイホームをご紹介します。

お客様の声
注文住宅を建築頂いたお客様の声

ガレージハウスオーナー
オーナー様
埼玉県川越市
趣味を楽しむ、大空間のガレージハウス
元々住んでいたマンションが比較的快適だったので真夏の戸建てが少し心配でしたが、エアコンもしっかり効いてマンションよりも涼しく過ごすことができました。 リビングで趣味の楽器も楽しめています。 たくさん...
ガレージハウスオーナー
オーナー様
埼玉県川越市
趣味を楽しむ、大空間のガレージハウス
元々住んでいたマンションが比較的快適だったので真夏の戸建てが少し心配でしたが、エアコンもしっかり効いてマンションよりも涼しく過ごすことができました。 リビングで趣味の楽器も楽しめています。 たくさん...
続きをみる
施主様お写真
Oさま
東京都西多摩郡瑞穂町
陽だまりの家
断熱性能と気密性の高さのおかげか、特に夏冬の過度な気温の状況でも快適に過ごせています。外観・間取りに関して、建築家に要望と生活動線を伝えることで土地にあったオーダーメイドの提案を受けることができます。他...
施主様お写真
Oさま
東京都西多摩郡瑞穂町
陽だまりの家
断熱性能と気密性の高さのおかげか、特に夏冬の過度な気温の状況でも快適に過ごせています。外観・間取りに関して、建築家に要望と生活動線を伝えることで土地にあったオーダーメイドの提案を受けることができます。他...
続きをみる

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

アフターサポート

保証とメンテナンス

アップルホームでは、注文住宅は建築して終わりではなく、住み始めてから快適な住生活を送っていただきたいと考えています。私たちは、自社でのアフター定期点検やコールセンターなどのサポートはもちろん、建築中のお施主様に安心しておうちづくりを進めていただくための「完成保証サービス」などを備えています。充実のロングサポートで、ご家族の暮らしを末永く守ります。
資金計画

トータルでコストパフォーマンスよい資金設計

住宅購入を進める上で、必ず考える総予算はとても重要です。「住宅費」「老後費」「教育費」は、人生において特に重要とされる「三大資金」と呼ばれます。弊社では、お客様の住宅購入費用としての最適予算を考えるお手伝いをさせていただいております。
アップルホームの土地探し

土地探しのパートナーとして

土地選びは家づくりの第一歩。私たちアップルホームでは、注文住宅「R+house」を建築するだけでなく、R+houseを建てるために最適な土地探しのサポートもしております。
私たちは、土地選びが、新築計画の成功の8割を握っているといっても過言では無いと考えております。土地探しにおいて、人それぞれ何を重要視するのかは大きく異なります。お客様のご要望と理想の住まい、ライフスタイル、ご予算を踏まえて、最適な土地探しのお手伝いをいたします。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのモデルハウス
私たちのモデルハウスをご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

YouTubeチャンネル
建築家住宅チャンネル

アップルホーム/R+houseの家づくり写真
APPLE HOME【建築家住宅】

アップルホーム/R+houseの家づくり写真

モデルハウス
建築家住宅を体感

R+house 狭山モデルハウス
住所
埼玉県狭山市狭山台4丁目18-10
営業時間
10:00~17:00
休業日
水曜日、年末年始
R+house 川越展示場
住所
埼玉県川越市木野目323-1 川越ホームスミスショウ総合展示場内
営業時間
10:00~17:00
休業日
火・水曜日、年末年始
R+house 入間モデルハウス
住所
埼玉県入間市野田
営業時間
10:00~17:00
休業日
予約制