所沢市・狭山市・川越市周辺で建築家とつくる高性能な注文住宅
カタログを請求する

カタログを請求する

平屋のつくり方相談会

平屋のつくり方相談会

家づくりの相談をする

家づくりの相談をする

モデルハウス見学

モデルハウス見学

カタログを請求する

カタログを請求する

平屋のつくり方相談会

平屋のつくり方相談会

家づくりの相談をする

家づくりの相談をする

モデルハウス見学

モデルハウス見学

マイスターズクラブ 建築家集団
呼吸するデザイン。

マイスターズクラブ
呼吸するデザイン。
マイスターズクラブは、ただの建築家/IC集団ではありません。

温熱環境を読み解くパッシブデザイン
意匠と融合する堅牢な構造デザイン
空間のもつ可能性を最大限ひきだすインテリアデザイン
音楽のような美しさを奏でるディテール

生きる建築をクリエイトする建築家・ICの集団です。

建築家との家づくり

R+houseが掲げるコンセプトと、建築家との家づくりについてご紹介します。
お客さまの理想を カタチにするために
誰もが「いつか住んでみたい」と思うような理想の住宅を、手の届く価格で実現する。
それがR+houseのコンセプトです。
そのような“理想をカタチにする家づくり”に欠かせないのが、建築家の存在
R+houseの建築家は、お客様それぞれのライフスタイルや価値観を表現した空間デザインをご提案し、将来の暮らしまで見据えた、生活にジャストフィットするマイホームをつくり上げます。
建築家とつくる家 アトリエ建築家による設計
R+houseの設計を担当するのは、全国各地で個々でも活躍しているアトリエ系建築家です。

建築家集団 マイスターズクラブ

R+houseの建築家は「マイスターズクラブ」という建築家団体に所属しています。マイスターズクラブでは、省エネ住宅に必要な温熱や、耐震構造などの設計に関する様々な研究活動にも取り組み、そのような活動を通じて建築家たちが切磋琢磨し高め合っています。
マイスターズクラブ

アトリエ系建築家

「設計の専門家のセンスや知恵で、おしゃれで住みやすい家をつくりたい」
住まいづくりを考え始めると、そうした沢山の希望が浮かんできて、「こんな暮らしができたなら」とどんどん夢が広がっていき、住まいという形に表現し飽きのこない家づくりに導くのが、アトリエ建築家たちです。
「住宅づくりが大好き」という彼らは、「建て主家族が幸せに暮らせる家をつくりたい」という情熱をもって、日々設計に取り組んでいます。

建築家の大切な仕事のひとつは、じっくりと建て主の要望に耳を傾けること。
彼らは豊富な経験をもとに、住まう人のライフスタイルや周辺環境を読み解きながら、唯一無二の美しい建物をつくっていく。建築家には「堅い」「高い」といったイメージを抱きがちだが、決してそんな遠い存在ではない。住まう人に寄り添いながら想いを共有し、限られた予算のなかで、ともに住まいづくりを楽しむ身近な存在だ。
実際に住まう人と対面し、ヒアリングをしながら、それまでの不満やどんな暮らしを望んでいるのか、その具体的な希望を詳細に収集していく。気さくな会話のなかから情報を引き出してくれるから、自然に話も弾む。
「家族全員の一日の行動を教えてください」「休みの日はどんなふうに過ごしたいですか」「家事のなかで一番苦労しているのは何ですか」という風に聞く。
なぜなら、住まいは日常の使い勝手がよく、家族のライフスタイルを実現させ、心から暮らしを楽しめる器でなくてはならないからである。
「気さくで話しやすかったから気軽に考えを伝えられた」「いろいろな要望を受け入れた上で予算内に収まるように調整してくれた」など、経験者から満足の声が聞かれます。
何気ない会話の中からも住む人のライフスタイルを感じ取り、本当に望む暮らしを見抜き、丁寧に設計に落とし込んでいきます。将来の家族構成や暮らし方の変化まで見越した設計も、建築家だからできること。

資金(予算)計画

豊富な経験をもとに、住まう人のライフスタイルや周辺環境を読み解きながら、唯一無二の美しい建物をつくっていく。地盤や建物の性能など、目には触れないけれど本当に大切な部分への目配りも抜かりありません。しっかりとした専門知識も備えたプロですから、安心できる建物になります。
そのためにも、建築家が最初に頭に入れるのは、予算です。
建築家による注文住宅の場合、すべての要望を満たそうとすることで、予算が想像以上に膨らんで染むことが少なくありません。そこで、将来のライフプランを踏まえた無理のない資金計画をもとに予算を明確にし、その中で最良のプランづくりをする。
予算とのせめぎあいで、ときには取捨選択を迫られる場面もあるかもしれません。その際は、建築家が優先順位を整理し、選択肢を明確に提示してくれるので冷静に考えることができます。

敷地(環境)と対話する

建築家が描く設計図には、驚くほどの工夫が詰め込まれている。中でも建築家は敷地の条件を読み解くスキルに長けているので、その敷地周辺の自然環境や土地にあった最適解を導き出します。敷地が持つ良さをもっとも効果的に利用するだけでなく、マイナス面になる部分もカバーするだけでなくプラスに転じる工夫をします。
住まいに誰もが求めるのは、夏は涼しく、冬は暖かい、そんな快適性だろう。そのためには、後述する高気密・高断熱という基本性能が必要となる。そうした性能を押さえたうえで、自然の光や風をどう採り込むのかが大切です。
そのため、地域の風配図などをもとに季節ごとの風向きや強さ、季節や時間ごとの日射角度を参考にしながら、その敷地にふさわしい建物の位置、空間構成、窓の配置などを決めていく。

そんな環境との対話も、建築家の仕事
住まう人の希望、環境との対話による計算、さらに建築家が持つ感性。これらを融合させたプランを最初に見たとき、きっと驚くことだろう。家事動線の工夫や採光を活かした居室の配置、窓の取り方など、想像していた以上の住まいがそこに表現されているからだ。建築家がそれらを一つひとつ説明していくなかで、「新しい家での楽しい暮らし」が見えてきて、わくわくするような思いを味わうに違いない。そんな心躍る体験をしながら進んでいくのが、建築家との住まいづくりなのである。


パッシブデザインの6つの要素

PassiveDesign

①断熱・・・「冬暖かい家」「夏涼しい家」を実現
②気密・・・「小さい暖冷房負荷で快適に過ごせる」を実現
③日射遮蔽と日射取得・・・「冬暖かい」「夏涼しい」を実現
④自然風利用・・・「風が通る」を実現
⑤昼光利用・・・「明るい」を実現
⑥日射熱利用 暖房・・・「冬暖かい」を実現
パッシブデザインを取り入れた住宅は、自然エネルギーを利用できる分、暖房や換気などに使うエネルギーが少なくてすみますが、そのためには、高断熱で高気密な家づくりがとても重要です。また、日照条件の良い地域では、基礎断熱によって地盤の熱容量を室内に取り込んだり、窓辺に土間を設けたりなど、陽射しによる熱を最大限に有効活用できるよう室内に蓄熱性を持たせることも大切です。
R+houseの建築家たちは、「マイスターズクラブ」という建築家グループに所属して、定期的に勉強会や情報交換会をしています。常に研鑽を怠らずお互いに刺激しあって、スキルアップに努めているのです。

時代が求めるスキル

R+houseの建築家は、「マイスターズクラブ」というネットワークをつくり、時代が求める性能やデザインについてのスキルをいっそう高めることに貪欲である。より快適な住まいをめざし、日射や通風、建物の形状や仕様などから室内の温熱環境をコントロールするスキルなどもその一つ。建築家が性能計算をできることは珍しくはないが、温熱環境のコントロールができるまでのは、まだ稀な存在だという。
そして建築家がつくる住まいには、シンプルで飽きのこない美しさがある。そのなかに住まう人の個性を表現し、見る人を魅了する。美しい造形は、環境との調和、優れた性能による快適性、ライフスタイルを考えた空間構成など、さまざまな角度から緻密に計算されてつくられている。
住まう人だけの、唯一無二の、理想のデザイナーズ住宅。それを身近に、手軽に提供するのが、R+houseである。

マイスターズクラブに所属する建築家の著書を紹介

マイスターズクラブに所属する建築家達の活躍は、著書にもなっております。

『この間取りがすごい』 

編著=田島則行、長谷部勉、戸田悟史、赤松純子、白子秀隆 エクスナレッジ出版
本書は日本全国で活躍する人気建築家56人の「成功する間取り」のコツとアイデアをまとめたものです。
「いまどきの住まい」の傾向から、「家事ラク」のための動線・収納計画、「庭」など外廻りのフル活用、さらには「愛着のもてる家」のつくり方まで、この1 冊で「間取り」のすべてが分かります。

『コミュニティ・アセットによる地域再生』 

編著=田島則行 鹿島出版会
空き地や空き家など遊休不動産を、公共的な役割を担いつつ自立性・持続性のある活動を行えるコミュニティの再生や活用の場に創り変える手法。 

『家づくりのすごい新常識』

 編著=白子秀隆 (佐久間徹、杉浦充 共著 ザ・ハウス編著)エクスナレッジ出版
本書は、いまどきの部屋別、場所別の家のつくりかたの解説と、できる設計者だけが知っているさまざまなコストダウン手法の両方を詳しく紹介している、とってもお得な本です。
アップルホーム/R+houseの家づくり写真

『デジタル田園都市とは何か』

編著=伊藤豊雄/岡河貢 (掲載:登壇記録掲載 伊藤憲吾)総合資格出版
本書は、いまどきの部屋別、場所別の家のつくりかたの解説と、できる設計者だけが知っているさまざまなコストダウン手法の両方を詳しく紹介している、とってもお得な本です。


『間取りのすごい新常識』 

編著=40名(西井洋介)エクスナレッジ出版
「本当に暮らしやすい間取り」とは?人気設計者40人に聞いた、「住みやすい間取り」の秘訣を集めた決定版!
いまどき間取りの傾向から、暮らしやすい家をつくるための動線・収納計画まで「間取りづくり」のすべてが分かる1冊です。


#建築家
#注文住宅
#設計
#デザイン

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

アフターサポート

保証とメンテナンス

アップルホームでは、注文住宅は建築して終わりではなく、住み始めてから快適な住生活を送っていただきたいと考えています。私たちは、自社でのアフター定期点検やコールセンターなどのサポートはもちろん、建築中のお施主様に安心しておうちづくりを進めていただくための「完成保証サービス」などを備えています。充実のロングサポートで、ご家族の暮らしを末永く守ります。
資金計画

トータルでコストパフォーマンスよい資金設計

住宅購入を進める上で、必ず考える総予算はとても重要です。「住宅費」「老後費」「教育費」は、人生において特に重要とされる「三大資金」と呼ばれます。弊社では、お客様の住宅購入費用としての最適予算を考えるお手伝いをさせていただいております。
アップルホームの土地探し

土地探しのパートナーとして

土地選びは家づくりの第一歩。私たちアップルホームでは、注文住宅「R+house」を建築するだけでなく、R+houseを建てるために最適な土地探しのサポートもしております。
私たちは、土地選びが、新築計画の成功の8割を握っているといっても過言では無いと考えております。土地探しにおいて、人それぞれ何を重要視するのかは大きく異なります。お客様のご要望と理想の住まい、ライフスタイル、ご予算を踏まえて、最適な土地探しのお手伝いをいたします。
認定住宅

省エネ住宅への対応〜ZEH住宅・長期優良住宅・低炭素住宅〜

健康的で快適な住ま、省エネ・エコな住宅といったキーワードから、どのような家を連想されるでしょうか。国の大方針では「良質な住宅ストック形成」という流れに沿って、住宅の高性能化に向け流れが大きく動き出しています。
表示制度、基準、市場、政策の動きが、住宅の高性能化に向けて、様々な認証制度が存在します。
低炭素住宅・ZEH・長期優良住宅などのワードを聞いた事があるかもしれません。そういった認証制度を取得する住宅にも、R+house所沢・狭山・川越南(アップルホーム)の家づくりは対応しております。
第1種換気システム

業界トップクラスの熱交換率で第1種換気システム

「高気密・高断熱」というキーワードはみなさんもよくお聞きになったことがあるかと思います。その性能の高さを最大限活かすために必要なのが「換気」です。長くお家に住むために、気密性・断熱性と並んで重要な要素になります。私たちは業界トップクラスの熱交換率を誇る『第1種換気』を標準としています。
安心の耐震性能

安心の耐震等級3 地震リスクが高い埼玉県でも安心

地震のゆれに耐える丈夫な構造である指針となるのが、耐震等級です。いつ起こるかわからない地震に備えておくことで、実際に被害が起きる時だけでなく普段から安心して暮らすことができます。
R+houseリビング画像

高気密・高断熱の高性能な家づくり〜生命を守る性能〜

快適な住まいの条件の一つに、「部屋の中が常に適温に保たれていること」が挙げられます。いくらデザインが優れている住宅でも、夏は暑くて冬は寒い住宅では意味がありません。理想的な“夏は涼しく、冬は暖かい住宅”を実現するためには、外の暑さや寒さの影響を部屋の中に与えない「高断熱性」を確保することが大切なポイント。そして、高断熱な住宅をより快適な状態で長持ちさせるために、「高い気密性」を併せ持つことも重要です。さらに高気密・高断熱の住宅は、冷暖房のランニングコストも抑えてくれる省エネ住宅です。アップルホームが提供するR+houseでは、このような高気密・高断熱、省エネ性にとことんこだわっています。
デザインされたリビング

デザイン性の高いかっこいい家でおしゃれな暮らしを建築家と

家づくりは一生に一度の大切なもの。ですので、建物の耐久性はもちろん、高断熱・高気密という性能を無駄なく合理的に実現。デザインも長く愛せるものが理想的と考えます。そのため、私たちは設計を"建築家"に依頼しています。建築家がつくるデザインには全て理由があり、土地と暮らしの特徴を活かした普遍的なデザインだからです。誰もが「いつか住んでみたい」と思うような理想の注文住宅を、手の届く価格で実現する。
それがR+houseのコンセプトです。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめの施工事例
こだわりの理想のマイホームをご紹介します。

お客様の声
注文住宅を建築頂いたお客様の声

ガレージハウスオーナー
オーナー様
埼玉県川越市
趣味を楽しむ、大空間のガレージハウス
元々住んでいたマンションが比較的快適だったので真夏の戸建てが少し心配でしたが、エアコンもしっかり効いてマンションよりも涼しく過ごすことができました。
リビングで趣味の楽器も楽しめています。
たくさん...
ガレージハウスオーナー
オーナー様
埼玉県川越市
趣味を楽しむ、大空間のガレージハウス
元々住んでいたマンションが比較的快適だったので真夏の戸建てが少し心配でしたが、エアコンもしっかり効いてマンションよりも涼しく過ごすことができました。
リビングで趣味の楽器も楽しめています。
たくさん...
続きをみる
施主様お写真
Oさま
東京都西多摩郡瑞穂町
陽だまりの家
断熱性能と気密性の高さのおかげか、特に夏冬の過度な気温の状況でも快適に過ごせています。外観・間取りに関して、建築家に要望と生活動線を伝えることで土地にあったオーダーメイドの提案を受けることができます。他...
施主様お写真
Oさま
東京都西多摩郡瑞穂町
陽だまりの家
断熱性能と気密性の高さのおかげか、特に夏冬の過度な気温の状況でも快適に過ごせています。外観・間取りに関して、建築家に要望と生活動線を伝えることで土地にあったオーダーメイドの提案を受けることができます。他...
続きをみる

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

注文住宅購入の流れ
私たちの注文住宅購入の流れをご紹介します。

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

アップルホーム/R+houseの家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.02.26

【注文住宅】埼玉県で建てるガレージハウスとは?
メリット・デメリット・抑えておくポイントをご紹介

アップルホーム/R+houseの家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.02.17

住宅を考え始めた時に、よく聞く用語について
不動産用語編

アップルホーム/R+houseの家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.02.17

「平屋回帰」が住宅トレンド!!平屋の特徴メリット・デメリット

アップルホーム/R+houseの家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.02.17

2023家(住宅)の設備トレンド(流行)は?快適な暮らしを実現する

アップルホーム/R+houseの家づくり写真

モデルハウス
建築家住宅を体感

R+house 狭山モデルハウス
住所
埼玉県狭山市狭山台4丁目18-10
営業時間
10:00~17:00
休業日
水曜日、年末年始
R+house 川越展示場
住所
埼玉県川越市木野目323-1 川越ホームスミスショウ総合展示場内
営業時間
10:00~17:00
休業日
火・水曜日、年末年始
R+house 入間モデルハウス
住所
埼玉県入間市野田
営業時間
10:00~17:00
休業日
予約制