所沢市・狭山市・川越市周辺の注文住宅なら建築家とつくる高性能なデザイン住宅

R+houseのカタログ資料請求

才気あふれるアトリエ建築家とのコラボ

“デザイン性”と“機能性”を高水準でプランニングする建築家との注文住宅。
具体的に理想の暮らしを手に入れるために、まずは紙面を通してR+houseのことを知っていただけたら幸いです。第一線で活躍するアトリエ建築家たち。
そんな、才気あふれる彼らとコラボした家づくりを展開しています。
理想的な住空間や、資金計画、土地の悩みなど、具体的な悩みや疑問について、すべてお答えいたします。
実例集,カタログ
(※画像はイメージです。お送りするものと異なる場合がございます。)

【こんな方にお勧めです】

・所沢市・狭山市・川越市で注文住宅を検討されている方
・日々忙しく、住宅展示場やハウスメーカーを回って情報収集ができない方
・各社のカタログを見比べてから、相談に行く住宅会社を決めたい方
・実際に建築家と共に叶えたお客様の施工例や感想が知りたい方
・ホームページに載っていない情報も知りたい方

<カタログで見られる住宅の特徴>

・建築家が設計した個性あふれる注文住宅
・ZEH基準を大きく超える高性能住宅
・高性能なのに手の届く価格、高いコストパフォーマンス
<実例集で見られる住宅の特徴>
全国の加盟店とR+house建築家がデザインした、唯一無二の選び抜かれた実例写真や間取りをご紹介します。埼玉県で建築した弊社の実例も紹介されております。
実例集は、アールプラスハウスのお家の性能やデザイン、お家づくりの一連の流れなどがまとめて分かるセットになっています。

R+houseについて

住み手の暮らしを豊かにするために、R+houseではとくに「デザイン」「性能」「コスト」の3つにこだわりを持っています。
最適な家づくりの仕組みの中で、色々な想いをカタチにし、多様化する価値観に合った「あなたらしい新しい家づくり」をはじめませんか?
R+houseについて

建築家による唯一無二のデザイン

R+house所沢・狭山・川越南の注文住宅は、建築家と建てる注文住宅です。
建築家住宅
建築家とディレクターが、お客様のベストを追求。パッシブデザインが人気。
私たちの家づくりでは「アトリエ建築家」が設計を担当します。
アトリエ建築家は建物について深く探求している「プロフェッショナル」。
そう聞くと敷居が高いように思われますが、社内ディレクターが常にお客様に寄り添い、ご要望やご意見・予算などを擦り合わせながら進めていきますので、とてもわかりやすく、安心して家づくりに臨んでいただけます。
「建築家とディレクター」この2方向からの目線で、お客様にとってベストな住宅を丁寧に追い求めていきます。
大事にしているデザインが下記の3つです。
・あなたの今と未来の生活に寄り添った「暮らしのデザイン」
・建築家によるシンプルでありながらも飽きることのない「見た目のデザイン」
・冬は暖かく夏は涼しい温熱環境の整った「パッシブデザイン」
建築家との家づくり

HEAT20 G2グレードを大きく超える高い性能

いつまでも愛着を持ちながら心地よく、高い断熱・気密性能が理想の暮らしを叶える。
いくらデザイン性がよく開放的な住宅でも、性能が低ければ愛着を持って暮らすことはできません。
私たちが提供する住まいのUA値(断熱性)やC値(気密性)は国内最高レベルの断熱性能に該当します。
高断熱 ~UA値「HEAT20 G2(5・6地域) 0.34・0.46」以下~
国の基準やZEHの基準をはるかに上回る国内最高レベルの断熱性能HEAT20 G2グレード(UA値0.46/0.34)を標準仕様としています。
“夏は涼しく、冬は暖かい住宅”を叶えるためには、外の暑さや寒さの影響を部屋の中に与えないことが大切なポイント。
 住宅の断熱性は「UA値」という指標で表されます。この数字が⼩さいほど熱が逃げにくい“⾼断熱な家”になります。
高気密 ~C値0.4(㎠/㎡)以下 全棟気密測定実施~
高断熱な住宅をより快適な状態で長持ちさせるために、一般的に高気密とされる気密性能値を大きく上回る家づくりを実現。
住宅の気密性は「C値」という実際に測る指標で表されます。
C値は床面積1㎡あたりの隙間面積(㎠)で示され、数字がゼロに近いほど隙間の少ない“高気密な家”になります。
これまでの日本の目標は5.0(㎠/㎡)。それに対してR+house所沢・狭山・川越南の標準は、0.4(㎠/㎡)以下です。
外気の影響をほとんど受けない住空間を実現しています。
健康な暮らしを支える住まいには、安定した室内環境を実現する、高い「断熱性と気密性」が重要です。
高耐震・高耐久 ~耐震等級3 全棟構造計算実施~
R+house所沢・狭山・川越南では、構造専門の建築士がその耐震性をさまざまな角度から厳密にチェックしています。
建物にかかる荷重、風圧力、地震力など、様々な調査が実施されています。
フェノールフォーム断熱材とMDF合板を組み合わせた「R+パネル」は断熱性能が高く、湿気にも強いので経年劣化しにくく、防火性能にも優れています。
また、「R+パネル」は面全体で力を支えるので力が分散し、横からの強い力にも耐えることができます。
壁倍率2.5倍という強度を持ち、優れた耐震性を発揮するので、耐震等級3以上を基準としております。
高気密,高断熱

スケールメリットを活かした合理化と、無理のない資金計画をご提案

R+house所沢・狭山・川越の家づくりは、「無理と無駄のない、ベストなスケジュール」「経済的なモジュール設計」「流通コストを徹底的に省いた建築部材」といった独自のルールを設定することで、納得価格でアトリエ建築家とコラボした高性能な注文住宅を提供しています。
また断熱・気密性能が高いため、冷暖房費用(ランニングコスト)を抑制することも可能です。
こうした「お金」についてのお悩みも、詳細な資金計画により解消し、お客様にとって無理のない住宅ローンをご提案いたします。
トータルでコストパフォーマンスよい資金設計

建築家 × 工務店

家づくりを“建築家”に依頼するということ。
今まで限られた人にしか叶わなかった家づくりを、もっと多くの方へお届けしたい。
その想いをカタチにしたのがR+houseです。
「地場密着の【工務店】の技術力と安心感」と「建築設計の専門家【建築家】の提案力」で、建築家と建てる家づくりが誰もが可能な世界へ。
建築家×工務店

無料の個別相談も随時受付中です

家づくり個別相談会では、家づくりのプロが家づくりのさまざまな不安や疑問にお答えします。
すぐに家を建てるつもりではないけれど、いずれ建てたいと考えている方も大歓迎です!
相談したいテーマはいくつでも・何でも大丈夫ですので、ご予約の上お気軽にご相談ください!

よくあるご質問

Q. カタログを営業さんが自宅まで持ってくることはないですか?

A. 郵送でカタログを送付いたします。直接営業担当が伺うことはありませんので、ご安心ください。

Q. カタログ請求をしたら営業さんからの電話などしつこくこないですか?

A. しつこい営業電話など、無理な営業は一切いたしませんので、お気軽にカタログご請求ください。

Q. カタログ請求をしたらお話を進めないとダメですか?

A. ご請求いただいた後、無理にお話を進めていただく必要は全くございません。
カタログをご覧いただき、R+house所沢・狭山・川越南店 の家づくりにご興味をお持ちになられましたら、その時お気軽にご相談ください。
カタログ申し込み
お名前 必須
フリガナ 必須
電話番号 必須
※半角数字
メールアドレス 必須
※半角英数字
お住まい 必須
都道府県
市区町村
番地以降
補足事項 任意
カタログを請求する カタログを請求する