建ぺい率と容積率てなに?【狭山市・所沢市・川越市の建ぺい率・容積率を紹介】

「建ぺい・容積は60の200です」土地の購入を考えて、不動産屋さんに話を聞いてみたところ、物件の紹介時にそんなワードを聞いてポカーンとしてしまった、という方もいるかもしれません。土地を初めて購入するという方がほとんどでしょうから、わからなくて当然です!今回は、土地購入前に知っておきたい!「建ぺい率と容積率」について解説致します!

建ぺい率について解説

建ぺい率(建蔽率)とは

建ぺい率とは、住宅の規模(広さ)に対する規制を示す基準のひとつで、敷地面積に対する「建築面積」の割合のことです。用途地域と都市計画の指定によって上限が定められています。

建築面積とは

建築面積とは屋根や柱、もしくは壁がある構造の建築物の面積を指します。
その建物を真上から見たときの面積を指すので、一般的には建物1階の面積が建築面積となります。ただし、2階の方が1階よりも面積が広い場合は、2階の面積が建築面積に該当します。
ざっくりと一般的に言うと、屋根の付いている部分は建築面積に含まれます。屋根が付いていなければ、建築面積に含まれません。
駐車場については、ガレージ(車庫)はもちろん、柱と屋根のみの構造の駐車場(カーポート)でも、屋根と柱があるので、建築面積に含まれるということになります。
屋根のない青空駐車場であれば、建築物ではないので、建築面積には含まれません。

建ぺい率の計算方法

上記で難しい説明をしてしまいましたが、簡単に言うと、建物を真上から見た時の敷地の面積と、そこに建築された建物面積の割合の事です!
例えば、建設地が60坪で、その地域の建蔽率が60%の場合
60坪(敷地面積)×60%(建蔽率)=36坪(建築面積)
計算上、建築面積36坪以下の建物の建築が可能となります。

容積率について解説

容積率とは

容積率とは、住宅の規模(広さ)に対する規制を示す数値のひとつで、敷地面積に対する「延床面積」の割合のことです。用途地域と都市計画の指定によって上限が定められています。

延床面積とは

延べ床面積とは建物の各階の床面積を合計したもので、建物全体の面積を表すものとしてしばしば使用される数字です。(建物面積と表現されることも有ります。)
しかし、吹き抜けの上階部分・ベランダ・バルコニー・玄関ポーチ・屋根裏収納(ロフト)は一般的に延床面積には含まれません。

容積率の計算方法

建ぺい率と似たような規制内容ですが、大きく違うところが延床面積というところ。各フロアの床面積と敷地面積の割合が容積率です。
例えば、建設地が60坪で、その地域の容積率が200%の場合
60坪(敷地面積)×200%(建蔽率)=120坪(延床面積)
計算上、延床面積120坪以下の建物の建築が可能となります。

用途地域とは

建ぺい率も容積率も、‟用途地域と都市計画の指定によって上限が定められています"と記述致しましたが、用途地域とは、住宅地に望ましい環境づくりや、商工業に適した地域づくりなど、それぞれの地域にふさわしい発展を促すため、都市計画法に基づいて定められています。
地域区分には大きく分けて「住居系」「商業系」「工業系」の3つがあり、そのなかでさらに細かく分けられ、全部で12種類あります。

建ぺい率と容積率の調べ方

建ぺい率は、不動産業者が土地情報としてチラシやインターネットに記載・公開していることがほとんどです。しかし、親族が所有している土地を譲ってもらう方で、建ぺい率と容積率が分からないという方は、自分で調べることも可能です。市役所などの都市計画課に問い合わせしてみてください。
また「都市計画図」と呼ばれる、用途地域や建ぺい率などが記載された図が、行政によってインターネット上に公開されていることもあるので、一度検索してみることもオススメです。

狭山市の建ぺい率と容積率

狭山市役所のHPに「狭山都市計画図」が公開しておりますので、こちらでご確認ください!
狭山都市計画図
上記サイト内の「狭山都市計画図」にてご確認ください。

所沢市の建ぺい率と容積率

所沢市が公開している「所沢市地理情報システム」というサイトに公開されています。
所沢市地理情報システム
上記サイト内の「都市計画情報」にてご確認ください。

川越市の建ぺい率と容積率

川越市が公開している「小江戸川越マップ」というサイトに公開されています。
小江戸川越マップ
上記サイト内で利用規約を同意して住所検索からご確認ください。

まとめ

建ぺい率・容積率とは、一言でいえば、「この敷地については、このサイズまでの建物なら建築してもいいですよ」という指標です。
なんでそんな規制があるの?と思う方もいらっしゃるかと思いますが、もし、建ぺい率や容積率の上限が何も決められていなかったとしたら、広大な平屋や高層の住宅など、みんなが好きなように建物を建て、都市計画や景観を無視した建物が乱立してしまうことになります。
建ぺい率や容積率には、そんな滅茶苦茶な街並みが作られないように規制する、とても大切な役割があるのです。
これから建設する土地に、希望する建物が建てられるのか、簡単な計算である程度把握しておきましょう!
今回はざっくりと表面的な解説でしたので、ご不明点は土地購入の不動産業者や、工務店やハウスメーカーの設計士の方に相談してみてください。

注文住宅で平屋・2階建て・3階建てを検討されるならR+house所沢・狭山・川越におまかせ

設計の自由度が高い注文住宅では、平屋や2階建て、3階建てなど、敷地の条件(建築基準法などの法律的な制限)や特徴(土地の形状や大きさ敷地の高さ)など、お客様のライフプランに合わせた住宅をご提案いたします。
現在、不便に思っている事、今後の理想の暮らし等、細かなヒアリングでご要望に寄り添います。
注文住宅を建築家に依頼するのは、設計費用の面で価格的に不安を感じる方もいらっしゃる方もいるかもしれませんが、R+houseでは、家づくりの無駄なコストを徹底的に削減。その結果、お客様のご予算内でご希望の住まいを提案することが可能です。

家づくりで失敗しないための賢い家づくり勉強会無料

賢い家づくり勉強会
家づくりのウラ側をお話しします!
  • ハウスメーカーの住宅はなぜ高い?
  • 家の性能は下げず、価格だけを下げる方法
  • 今より3割引で住宅を取得する方法
  • お得な土地の見つけ方とは?
  • 最適なマイホーム購入の時期とは?

賢い家づくり勉強会を予約する

Menu