空間のつながりが家族の絆を育む家

Voice_main02.png
Iさん
家族構成:夫婦+子ども2人


敷地面積137.47㎡(41.58坪)
延床面積104.12&㎡(31.49坪)
UA値0.47W/m2・K
C値0.19cm2/m2


Q.数多くのハウスメーカーがある中、R+houseにたどり着いた流れを教えてください。
最初は大手ハウスメーカーの並ぶ展示場へ行きましたが、調べる中でR+houseのインスタグラムを発見し、「こんなお洒落な家が建てられるんだ!」と、興味が湧きました。デザインも格好良く、元々周りと同じというのが好きではなかったので【建築家と建てる】というオリジナリティにも魅力を感じましたし、実際に見学した狭山のモデルハウスも、お決まりの部屋割ではなく、一空間を開放的に使った間取りに斬新さを感じました。

もちろん並行してハウスメーカーとの比較も行い耐震性の面から鉄骨造なども考えましたが、『賢い家づくり勉強会』での話を聞き、基準を持って判断しようと思いました。その後説明を受ける中で、R+houseの木造住宅は耐震にも優れていることを知って、鉄骨造への拘りはなくっていきました。
せっかく暮らす家は住んでワクワクするような、好きなデザインやものや事に囲まれた生活が送れる方がいいなと思って決めました。


Q.建築家さんからの間取り提案について感想を教えてください。
これだけ開放感をもちながら収納もたっぷりとったプランが実現できたのは、建築家の先生のおかげだと思います。
建築家の先生が現地を見て採光の具合や周辺環境を把握してくださり、モデルハウスを見に行った時の「上と下との'繋がり'(吹き抜け)がとっても素敵でこういうふうにしたい!」という希望を敷地に合わせて形にしてもらうことができました。廊下をつくらず無駄なスペースはすべて居住空間へ変身させるのもプロだなと思います。


Q.造作洗面でのこだわりポイントは?
私(奥様)の趣味をしっかりと反映したお洒落な仕上がりになりました。ホテルライクな雰囲気や幅広で使いやすいところ、収納もしっかりあるけどナチュラルな木目で目隠しもできるところなど、造作ならではの要素がたくさんあると思います。
好きなくすみカラーのアクセントタイルや自分達で選んだタオルリングなど、可愛いと思うものを家中に散りばめて、いるだけで幸せな気持ちになれる空間です。


Q.住んでみて、気に入っている部分はどこですか?
特にキッチンが気に入ってます。友達が遊びにくると「素敵~!」と言ってもらえるのがうれしいです。
キッチンの背面吊収納って私(奥様)はあまり使わないので、モノを入れても背も届かないから手を付けなくなってしまうと思いましたし、上に収納があることで前面に圧迫感も出てしまうのも避けたかったんです。せっかく高窓もあって光も入るし、好きなものをおしゃれに飾りたいと思って飾り棚をつけました。
カウンターも書き物や趣味の裁縫をするために作ってもらいましたし、キッチンは私のテリトリーです(笑)


Q.住み心地はいかがでしょうか?
今の時期(夏)大丈夫かなと不安もあったんですが、1階に1基・2階に1基だけで真夏も家中が快適に過ごせます。入居した当初は6月でしたが、暑い日があってもエアコンいらずでした。窓が計算して配置されていることで採光はもちろん風の通りがよく、とっても過ごしやすいです。吹き抜けがあったり、仕切らない開放的な設計なのでもっと光熱費もかかるかなと少し心配だったのですが、そんなことはなく、その点でも快適に暮らせています。



  • customer-voice1.png

  • customer-voice2.png

  • customer-voice3.png

  • customer-voice4.png

お客さまの声一覧に戻る

家づくりで失敗しないための賢い家づくり勉強会無料

賢い家づくり勉強会
家づくりのウラ側をお話しします!
  • ハウスメーカーの住宅はなぜ高い?
  • 家の性能は下げず、価格だけを下げる方法
  • 今より3割引で住宅を取得する方法
  • お得な土地の見つけ方とは?
  • 最適なマイホーム購入の時期とは?

賢い家づくり勉強会を予約する

Menu